協和発酵バイオオルニチンの口コミと成分から見る期待効果

協和発酵バイオオルニチンの口コミと成分から見る期待効果

オルニチンが健康に良いと聞いて、いろんなサプリメントを探したけど、結局どのサプリがいいかわからない。

 

 

 

まずは手軽にオルニチンサプリメントを始めてみたいんだけど・・・。

 

 

そういう方には、協和発酵バイオのオルニチンをおすすめしたいと思います。

 

この商品をおすすめする最大の理由は、コストパフォーマンスの高さです。15日分を500円で試すことができ、1粒あたり「しじみ300個分のオルニチン」を手軽に摂取することができます。

 

協和発酵バイオオルニチンの、成分面から見る「期待できそうな効果」と「実際に使った方の口コミ」を紹介したいと思います。

 

成分から見る協和発酵バイオオルニチンの期待効果とは?

協和発酵バイオオルニチンの口コミと成分から見る期待効果

 

まず、栄養成分表示を見ると、オルニチン以外ほとんど余計な成分が入っていないことが分かります。(タンパク質1.05gの中に、オルニチン800mgも含まれています。炭水化物や脂質などは、タブレット形状にするために最低限必要です)

 

 

ですから、協和発酵バイオのオルニチンは、オルニチン単一成分を十分摂取したい人にオススメです。他のサプリメントの場合、牡蠣エキスや、しじみ由来の濃縮エキスが含まれているので、亜鉛や鉄分などの「ミネラル分」をふんだんに含んでいる商品もあります。

 

ミネラル分の摂取制限が必要な方や、余計な成分は一切摂取したくないという人には、特にお勧めできる商品です。

 

 

オルニチン成分としての期待できる効果は以下の通りです。

  1. オルニチンサイクル活性化による疲労軽減
  2. 肝機能の保護
  3. 成長ホルモン分泌促進による体のメンテナンス

 

それぞれについてみていきたいと思います。

オルニチンサイクルを活性化し、疲労回復に寄与するとされる

オルニチンサイクルというのは、体の代謝サイクルの1つで、有害なアンモニアを、比較的無害な尿素に変える機能を担っています。

 

タンパク質の代謝過程で、アンモニアが発生してしまいますが、多量にアンモニアが体内に存在すると、我々の活動に必要なエネルギー産生を阻害し、疲労感を感じやすくなります。

 

オルニチンを摂取することで、このサイクルを活性化させ、疲労物質をいち早く取り除くことが大切です。

 

肝機能を保護する

 

オルニチンは肝臓の総合対策にも有用です。

 

肝臓は人体の中で最大の臓器で、その働きは分かっているだけでも200以上あるとされています。肝臓が不調に陥ると、全身が不調に陥ると言っても過言ではないので、オルニチンで総合的な肝臓対策をすることが大切です。

 

成長ホルモンの分泌促進

成長ホルモンという言葉をご存知でしょうか?

 

もちろん子供には重要なホルモンですが、成人にとっても重要なホルモンであることは変わりありません。傷ついた筋肉の回復や、タンパク質の合成、疲労の回復に密接に関わってくるホルモンです。

 

成分としてのオルニチンは、成長ホルモンの分泌を促進すると示唆されており、体のメンテナンスをする意味でも重要な成分と言えるでしょう。

 

協和発酵バイオ オルニチンは脂肪肝対策に効果的か検証

オルニチン成分は肝臓の総合対策として有用だと述べました。

 

そして、

脂肪肝対策になるか?と聞かれれば、 対策の一環になると答えることができます。

 

しかし、 脂肪肝といえばタウリン言われるように、成分としてのタウリンも対策には重要です。タウリンは傷ついた肝臓を保護する、肝細胞の膜を丈夫にする働きがあるとされています。

 

 

また、タウリンはコレステロールと結びつき、血中のコレステロール・中性脂肪の値を下げる役割も担っており、脂肪肝対策としてはやはり重要なのです。

 

参考:オルニチンとタウリンの働きの違い

 

 

協和発酵バイオのオルニチンには「タウリン」が含まれていません。ですから脂肪肝対策をメインにお考えなのであれば、他の商品をお勧めします。牡蠣のエキスなど、タウリンが豊富に含まれる食材を濃縮した商品をおすすめしたいと思います。

 

参考:オルニチンサプリの選び方

 

協和発酵バイオのオルニチンに副作用は有るか?

オルニチンは体内にも存在する遊離アミノ酸です。

 

過剰摂取した場合でも、代謝過程を経て体外へ排出されるので、よほど過剰摂取しない限り副作用の心配はありません。医薬品との相互作用の報告もこれまでにありません。

 

ただし、「目安として1日10g以上オルニチン」を摂取した場合、腹痛や下痢の症状が現れるといった研究結果があります。

 

協和発酵バイオのオルニチンでは、1日あたり400〜800mg程度のオルニチン量なので、目安量の12〜25倍以上摂取したら副作用が現れるかもしれません。

 

協和発酵バイオオルニチンの飲み方・ベストな飲むタイミング

どんなお悩みをお持ちの方にも、自信を持ってお勧めできるタイミングが一つあります。

 

 それは、就寝前です

 

 

 

なぜ就寝前がおすすめなの?

 

 

それは以下の理由によります。

 

  • 成長ホルモンの恩恵を受けられる
  • 就寝中にオルニチンによる代謝サイクルの活性化

 

成長ホルモンの恩恵について

既に述べたように、体のメンテナンスに深く関わるのが成長ホルモンです。成長ホルモンは就寝中に多く分泌され(特にノンレム睡眠中)、就寝前にオルニチンサプリを摂取することで、成長ホルモン分泌の恩恵を受けることができます。

 

つまりオルニチンで成長ホルモン分泌をサポートすることで、就寝中の体のメンテナンス機能を十分に発揮することが期待されます。

 

代謝サイクルの活性化

オルニチンは肝機能を高めるとされています。

 

就寝前に飲むことで、肝臓自体の機能が高まり、オルニチンサイクルが活性化によって、疲労物質を取り除くことを期待できます。翌朝の目覚めもスッキリ感にも貢献できるので、就寝前は非常にオススメのタイミングです。

 

DHCのオルニチンvs協和発酵オルニチンの比較

 

オルニチン成分の多さという観点で、よく比較される「DHCのオルニチン」との比較をしてみましょう。

 

DHCのオルニチンは1日5粒目安で、1280mgのオルニチンを摂取できます。私が知る限り、オルニチンサプリメント系では、最も多い配合量ではないでしょうか?

 

ただし、カプセルに着色料(カラメル、酸化チタン)が使用されているので、気にされる方は控えた方が良いかもしれません。

 

協和発酵バイオの成分表示には、「着色料はない」のでその点は一つのメリットかもしれませんね。

 

協和発酵バイオオルニチンの口コミと成分から見る期待効果

 

協和発酵バイオオルニチンの口コミ

48歳女性から寄せられた協和発酵バイオのオルニチン口コミです。

 

↓↓↓

40代になってから少しづつ体力の衰えを感じていたのですが、ここ1,2年は特に疲労感が激しく、仕事から帰宅すると直ぐに横になり、そのままうたた寝してしまう生活が続きました。

 

運動をすることで体力がつくことはわかっていましたが、億劫でそのままダラダラと生活をしていました、週に4~5日はお酒を飲むのですが、若い頃に比べて翌日にお酒が体内に残っている状態になることが多いです。

 

食欲もあまり湧かず、朝食を取らずに仕事に行くなど、生活習慣が乱れるようになりました。

 

そこで、オルニチンという成分が体力の低下を防ぎ回復を促し、アルコールの分解にも必要な成分である、ということをテレビの番組で見て、試しにオルニチンが含まれたサプリを飲んでみようかと思いました。

 

ネットで調べてみるとたくさんのオルニチンのサプリメントがあり、どの商品が効果があるのか迷っていたところ、協和発酵バイオオルニチンの口コミの評価が良いものが多かったので、まずは30日間お試しのものを取り寄せました。

 

毎食後1日3回飲み続けたけど・・

 

協和発酵バイオオルニチンは錠剤で、匂いも全くしないので飲みやすいです。ただ、タブレットのサイズが結構小さいので、袋から取り出しにくく、たまに床に落としてしまうことがありました。

 

サイズ感をもう少し大きめにしてもらえると、手元が不安定な方でもスムーズに取り出しやすいかと思います。

 

一日にどのタイミングでも良いので、9錠を飲むという説明だったので、朝昼晩の食事後に3錠づつ飲みました。その後、錠剤は食事前に飲んだほうが早く胃の中で溶けるということを知り、食前に飲むようになりました。

 

 

初めの1週間はあまり変化を感じませんでした。もしかしてエキスの液体がカプセルに入った商品の方が、効果があるのかもしれないと若干諦めていたんですが・・・。

 

 

飲み続けていると目覚めに変化が

 

飲み始めて2週間後くらいから、朝の目覚めが以前よりすっきりしていることに気付きました。

 

その間飲酒を控えていたので、その効果もるのかと思い3週間目からは以前通りにお酒を飲んでみましたが、翌日の二日酔いが殆どありませんでした。

 

ここまでの状況を考えると、このサプリは効果があるのだと思います。初めは試しに1ヶ月間だけ飲んでみようと思っていたのですが、しばらく飲み続けてみたところ、緩やかに身体が良くなっている実感がありました。

 

 

知り合いにも、オルニチンが含まれたサプリを飲んでいる人がいるのですが、カプセル型のほうが即効性はあるということでしたが、価格の面や飲みやすさを取るなら協和発酵バイオオルニチンがお勧めですね。

 

疲れやすく、体力の回復にも時間がかかるという方や、お酒は辞めたくないけど二日酔いや肝臓機能を崩したくないという方に、おすすめのサプリです。

 

 

即効性はないかもしれませんが、継続することによって健康を維持するサポート力はとても強いと思います。

 

協和発酵バイオオルニチンの定期コース解約できる?

はじめに述べておきますが、協和発酵バイオのオルニチンを初めて利用される方は、初回限定の500円で購入できます。しかも、これは定期コースではなく、一回ぽっきりのプランです。つまり500円だけ。

 

気に入れば定期コースに申し込むことも可能です。 ちなみに、定期コースは1543円ですから、この手のサプリとしてはリーズナブルですね♪

 

協和発酵バイオオルニチンの最安値(アマゾンvs楽天)

できればいつものお馴染みの「Amazon」や「楽天」で購入したい。

 

500円キャンペーンをやっているのは、公式サイト限定ですが、念のため二つの通販サイトも調査してみました。

アマゾンで協和発酵バイオオルニチンの取り扱いはある?

あります。が、1280円と公式サイトの2倍以上・・・
協和発酵バイオオルニチンの口コミと成分から見る期待効果

 

楽天で協和発酵バイオオルニチンの取り扱いはある?

楽天にもあります。こちらは、公式サイトの3倍以上、最安値でも1748円です・・。
協和発酵バイオオルニチンの口コミと成分から見る期待効果

 

やはり、公式サイトが最安でした

↓↓↓

 

★同じ【500円】出すなら・・・

協和発酵バイオのオルニチンは、オルニチン成分に特化した商品だと言えます。そして、500円でお試しできるので、リーズナブルでとても魅力的!!でも・・・

同じ500円出すのなら、私なら「オルニパワーZnプラス」を選びます。

なぜなら、成分・分量・保証の観点から、総合的に「オルニパワー」の方がコスパがいいと判断できるからです。その証拠に、以下の表で比べてみましょう!↓↓↓

協和発酵バイオオルニチン オルニパワーZnプラス
商品
@:しじみ由来か ×:発酵法による ○:しじみ由来
A:注目成分 オルニチンのみ 牡蠣&アスタキサンチン
B:国産しじみか ×:発酵法による ○:宍道湖産
C:初回 500円 500円
D:継続縛り なし なし
内容量 90粒 5袋
1回当たり 6粒 4〜8粒
オルニチン量

400〜
800mg

800mg
返金保証 なし 有り
2回目以降 1643円 ※1 3480円
実績 180万人以上の実績 ※3 ランキング第一位 ※2
一言で お手頃にオルニチン! オルニチン成分だけじゃない!
公式サイト

※1:500円単品注文なので、2回目以降の概念無し。1袋1643円で購入可能。
※2:オルニチンサプリランキング(合同会社リアングループ調べ)2016年5月1日〜7月27日
※3:富士経済「H・Bフーズ便覧2012年〜2016年No.2」オルニチンサプリ

 

 

ほ〜ら(笑)上記の「ほぼすべての項目」でオルニパワーの方が優れているでしょう?2回目以降の価格は、オルニパワーの方が高いですが、まずはお試ししてみる分には、オルニパワーの方が成分的に優れていて、オススメできます。

 

 

もちろん「継続縛り」と呼ばれる、注文回数の最低回数条件も無いので安心♪500円キャンペーンをお見逃しなく。現在キャンペーン継続中か、今すぐ確認すべき!!

↓↓↓

リンクが切れていたらキャンペーン終了です。

 

【結論だけ】忙しい人向けのオルニチンサプリの選び方

タイプ別にオススメを結論だけ!忙しい人向けコンテンツ。

page top