牡蠣サプリの効果と選び方→しじみエキスとの比較で優良通販商品を選定

牡蠣サプリの効果と選び方&しじみエキスとの比較

牡蠣のエキスが入ったサプリを探しているんだけど・・

 

 

 

どの商品を選ぶのが正解!?

種類が多過ぎるよ・・・!


 

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

 

はい。

 

 

わかります。その気持ち

 

確かに、牡蠣エキス配合のサプリメントは複数の商品が発売されていて

 

 いったいどの商品を選ぶべきなのか?何を基準に選べばいいのか?判断基準がわからないですよね!?

 

 

そこで、今回は以下内容をメインにお伝えしたいと思います。

  • 牡蠣に含まれる栄養成分から期待できる効果
  • 牡蠣サプリの選び方
  • しじみエキスってどうなの?

 

 

先に、結論だけ知りたいのであれば、以下の通りです。

  1. 「牡蠣」と「しじみ」は、双方の足りない栄養成分を補完し合う関係にある
  2. だから、両方の成分を摂取するのが望ましい
  3. 両方の成分を、別個のサプリで摂取するのは非効率&コスパが悪い
  4. 「牡蠣」&「しじみ」をダブル配合した 黄金比率のサプリ を選ぶのが正解

 

それでは順番に解説していきたいと思います。

 

 

牡蠣サプリの効果

 

食材としての牡蠣は栄養豊富で「海のミルク」と表現されます。

 

その所以は、ビタミンミネラルを豊富に含み、複数種類のアミノ酸を幅広く摂取できるからです。

 

 

さらに特徴的なのは「亜鉛」を豊富に含むという事実。亜鉛は別名「セックスミネラル」と表現されることもありますよね?

 

牡蠣サプリをおすすめしたいのは以下のような人です

  1. 男性の「みなぎる活力」に
  2. 毛髪の健康維持に
  3. 歳と共に感じる「年齢対策」に

 

@ 男性の「みなぎる活力」に

 

牡蠣といえば、やはり男の活力というイメージがあるのではないでしょうか?

 

ズバリその通りです。

 

男に嬉しい成分が豊富!特に牡蠣に含まれる亜鉛。食材100gあたりでの「亜鉛含有量」を比較すると、牡蠣に含まれる亜鉛量は圧倒的に多く、男性の活力の源となっています。

 

 

< 食材100gあたりの亜鉛含有量 >

区分 食材名 亜鉛含有量(mg)
魚介 牡蠣 13.2
ほたて 2.2
しじみ 2.1
豚レバー 6.9
牛もも肉 4.4
鶏もも肉 2.0
大豆 納豆 1.9
高野豆腐 5.2

(出典:文部科学省「日本食品標準成分表」

 

 

亜鉛は精子の中に多く存在し、新たに精子を合成する際に必須となる成分なのです。

 

しかし、日本人の亜鉛摂取量は厚生労働省が定める摂取基準(男性10mg、女性8mg、15歳以上)に到達していないというのも事実です。

 

日本人の亜鉛摂取量平均値(20歳以上)

  • 男性:8.9mg/日
  • 女性:7.4mg/日

(出典:平成29年国民健康・栄養調査結果の概要
(出典:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

 

 

昼も夜も「フル元気」でいるためには、亜鉛欠乏とならぬよう、意識的に亜鉛摂取をする必要があるでしょう。

 

A 毛髪の健康維持に

髪の毛の健康維持にも牡蠣の成分は欠かせません。

 

 

理由は、牡蠣に含まれる豊富な有用成分

  • アミノ酸
  • ビタミン
  • 亜鉛を中心とした「ミネラル」

 

アミノ酸

ご存知の通り、髪の毛はタンパク質で構成されています。もう少し言うならば、アミノ酸の集合体として形成されています。

 

毛髪の健康維持には、構成要素であるアミノ酸を摂取することが重要!というのは言うまでもありません。既にご説明したとおり、牡蠣には複数種類のアミノ酸が豊富に含まれています。

 

 

ビタミン

またビタミンも豊富であり、ビタミンB2やビタミンB6は、代謝を活性化させる働きがあります。髪の毛の毛母細胞の生まれ変わりを活発化させると示唆されています。

 

 

亜鉛

さらに、ここでも「亜鉛」の登場です。髪の毛はケラチンと言うアミノ酸を主成分としています。ケラチンが体内で合成される際に必須となるのが亜鉛なのです。

 

 

健康的な力強い毛髪を維持するためにも、牡蠣は有用な食材と言えるでしょう。

 

B 歳と共に感じる「年齢対策」に

 

亜鉛は抗酸化ミネラルとも呼ばれています。抗酸化とは、年齢に伴う体の「サビ」に対抗する力です。

 

亜鉛は「ビタミンA」と作用し合い、 体内に存在するサビの原因「活性酸素」から体を守ってくれるのです。ゆえに、エイジング対策にも効果的とされているわけです。

 

牡蠣サプリの選び方

 

牡蠣サプリの選び方、選ぶ基準は以下の通りです。

  1. 亜鉛配合量
  2. アマゾン評価
  3. 価格(初回購入)

 

「3つの基準」になるべく合致する牡蠣サプリを選定した結果は以下の通りです。

 

海乳EX 牡蠣皇帝 オリヒロカキエキス粒
商品
亜鉛配合量 12mg 記載無し 12mg

アマゾン
評価

4.6点
(50件中)

4.5点
(70件中)

4.4点
(60件中)

価格
(初回割引)

980円 なし なし

価格
(アマゾン)

2,302円 2,280円 1,780円

 

各項目および商品に関して、説明していきたいと思います。

 

亜鉛配合量

厚生労働省が定める亜鉛の推奨摂取基準は10mg(上限は40〜45mg)※1

 

亜鉛を十分量補えるのは「海乳ex」と「オリヒロカキエキス粒」です。口コミ件数が多い「牡蠣皇帝」には配合量に記載が無いのが、マイナスポイントです。

 

(※1)出典:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

アマゾン評価

やはり「購入者がどういう評価をしているのか?」という客観評価は信用に値します。

 

私が挙げた3商品に関しては、レビュー点数が高く、かつレビュー数も一定数以上存在する商品です。

 

価格

「リーズナブルであること」はやっぱり重要。まずはお試し価格で感触をつかむことも大事です。海乳EXであれば、始めての方限定ではありますが、割引価格で購入可能です。

 

3つの指標から判断すると

牡蠣サプリは結局どれがオススメなのか?「3つの指標」から総合的に判断すると、海乳exが優れていると思います。亜鉛配合量が明確で、始めての購入であればお得に試せるのでおすすめです。

 

【比較】牡蠣エキス vs しじみエキス

牡蠣サプリの比較対象として頻繁に取り上げられるのが「しじみエキス」のサプリです。

 

 牡蠣エキス しじみエキスか?

 

 

どちらを選べばよいか迷っている方も多いのではないでしょうか?

 

・・・

 

・・・

 

 

結論を先に述べてしまうと以下の通りです。

 

  1. アルコール対策:しじみエキス
  2. ぐったり・お疲れ対策:しじみエキス
  3. 男の元気・活力UP:牡蠣エキス
  4. 健やかな毛髪の維持:牡蠣エキス
  5. 健康診断の「肝」の数値対策:両方

 

牡蠣サプリに関しては既にご説明した通りです。

 

次は、しじみエキスに関して、どういった期待効果があるのか?

 

 

見逃せない 「1つの成分を中心に」ご説明したいと思います。

 

しじみ独自の成分「オルニチン」が優秀過ぎる働き

しじみに豊富に含まれている特徴的な成分が「オルニチン」です。これは牡蠣には含まれておらず、その他食品にも微量しか含まれていない為、食品から十分量を摂取するのは難しい成分なのです。

 

(※オルニチンを摂取するには「しじみ」or「きのこ」の二択です)

 

オルニチンの特徴的な作用は「解毒」です。

↓↓↓

最近色々気になりだした方は、しじみエキスを試してみると良いでしょう

 

 

少し専門的になりますが・・・・

 

 

オルニチン回路(=尿素回路)という代謝サイクル内で、タンパク質から代謝された有害な「アンモニア」の解毒をサポートするのがオルニチンです。

 

アンモニアが体に有毒な理由は、エネルギを作る代謝回路「TCAサイクル」を阻害し、エネルギー産生を邪魔するからです。

 

 

 

 

エネルギー産生を邪魔されると何が起こる・・・??

 

 

肝臓の栄養源・活動源でもある「グルコース」の供給が不十分になり、肝機能が弱ってしまうのです。

 

 

肝機能が弱ると・・・

  • アルコールへの耐性が弱体化したり
  • 健康診断の数値に悪影響が出る可能性も

 

沈黙の臓器である肝臓。

 

弱ると、様々な「体の不調」を感じるようになるのです・・・。

 

しじみエキスの選び方

しじみエキスの選び方は以下の通りです。

 

  1. 国産しじみを使用している
  2. アマゾン評価
  3. 価格(初回購入)

 

最も大事なのは、国産しじみを使用していることです。安心安全の観点から、食材の産地には是非こだわるべきです。

 

確実に国産しじみを使用している商品を「3つ」ピックアップしました。

 

(※ちなみに、CMでおなじみの「しじみ習慣」こちらは、台湾産のしじみを使用しているので注意)

 

しじみエキスW 川端しじみエキス粒 マグマしじみエキス
商品
しじみの産地 木曽川産 木曽川産

国産
(産地不明)

アマゾン
評価

取り扱いなし

4.1点
(14件中)

3.5点
(9件)

価格
(初回割引)

2,450円 なし なし

価格
(アマゾン)

取り扱いなし 3,860円 4,100円

 

3つの指標から判断すると

そうですね・・・。

 

これはなかなか甲乙つけ難いです。伝統製法を重んじる硬派な商品は「しじみエキスW」ですね。川端のしじみエキスもアマゾンでは売れ筋商品です。マグマしじみは国産ではありますが、産地不明なのが若干気になる点ではあります。

 

 

私としては、アマゾンで評価の高い「川端」の商品に1票を投じたいと思います。

 

【結論】牡蠣・しじみサプリはこれを選ぶ!

しじみと牡蠣は、双方の不十分な栄養成分を補完し合う関係にあります。

 

< 牡蠣としじみの成分比較表 >

成分名 単位 牡蠣 しじみ
亜鉛 [mg] 14.5 2.3
オルニチン [mg] 0 10.7
タウリン [mg] 1120 110
アラニン [mg] 380 480
アルギニン [mg] 360 470
ビタミンB1 [mg] 0.07 0.02
ビタミンB2 [mg] 0.14 0.44
ビタミンB12 [μg] 23.1 68.4
ビタミンC [mg] 3 2
鉄分 [mg] 2.1 8.3
マグネシウム [mg] 65 10
ナトリウム [mg] 460 180
カリウム [mg] 190 83
カルシウム [mg] 84 240

食材100g当たりの含有量。(出典:文部科学省食品データベース

 

 

ですから、理想としては「両方の成分」が摂取できれば文句のつけようが無いわけです。

 

 

 

でも・・・・

 

 

 

 

2つのサプリを購入するのは、お財布事情としても、もなかなか厳しいかも・・・

 

 

 

そう来ると思いました・・・!ご安心ください。

 

 

最後に「とっておき」を紹介したいと思います。

 

 

「牡蠣・しじみ」の両方の成分を含む、黄金比率ブレンド・・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

 

その商品の名前は

 

 

「レバリズム-L」

 

私が解説するより、まず 公式販売ページ をご覧になった方が良いかと思います。

 

 

一見すると「肝」の対策商品のように思いますよね?

 

 

しかし「牡蠣エキス+しじみエキス」を含んだ黄金ブレンドの商品であることから、

 

「結果的に」様々な「数値」に悩んでいる人にオススメできる商品に仕上がったわけです。

 

 

 

では、前述の「牡蠣サプリ」と「しじみサプリ」、「レバリズム-L」を一覧表で比較してみましょう。

 

海乳EX 川端しじみエキス粒 レバリズム-L
商品
成分 牡蠣エキス しじみエキス

牡蠣エキス
しじみエキス

産地 瀬戸内海産 木曽川産

岡山産(牡蠣)
静岡産(しじみ)

アマゾン
評価

4.6点
(50件中)

4.1点
(14件中)

5.0点
(4件中)

価格
(初回割引)

980円 なし 980円

価格
(アマゾン)

2,302円 3,860円 4,480円

 

レバリズム-Lは、しじみサプリと牡蠣サプリを別個に購入するよりも、格段にリーズナブルです。

 

 

仮に、別個購入した場合

  • 牡蠣サプリは、海乳EX
  • しじみサプリは、川端しじみエキス粒

 

海乳は初回購入であれば980円ですが、川端しじみエキス粒は初回特典は存在せず3860円です。

 

つまり、980円 + 3860円 = 4840円の出費となります。

 

レバリズム-Lであれば4480円。しかも公式サイトの初回限定キャンペーンで「980円」で始めることができます。

 

 

「牡蠣+しじみ」の黄金ブレンドがこの価格でお試しできる。一度試してみる価値はあると思います。

↓↓↓

 

page top