海乳EXの効果とライバル牡蠣サプリとの比較。CM価格でゲットせよ!

海乳EXの効果とライバル牡蠣サプリとの比較。CM価格でゲットせよ!

牡蠣エキスのサプリを探していて、ネット上で評判が良いのが、海乳EX・・・!

 

 

 

でも、

 

 

 

本当に海乳EXを選ぶのが正解!?
牡蠣エキスの商品ってたくさん存在するんだけど・・・


 

 

そうですね。商品数が多いですよね・・・。これだけ多いと、迷ってしまうのも無理はありません。

 

 

先に結論を述べると、海乳EXは牡蠣サプリの中では最も信頼に値する商品だと考えています。

 

 

そんな説明は不要だから、今すぐテレビCMの「最安値」で購入したい!という方には、先に最安サイトをご案内しておきます。

↓↓↓

 

 

海乳EXを選ぶべき【3つの理由】は以下の通り。

  1. 亜鉛含有量が明記
  2. 国産牡蠣の安全・安心品質
  3. 続けやすいリーズナブル価格

 

順番に紐解いていきたいと思います。

 

 

海乳EXを選ぶべき理由

海乳EXを選ぶべき【3つの理由】、見逃せないポイント3点について、それぞれ順番に見ていきましょう。

 

@ 亜鉛含有量が明記

 

牡蠣といえば亜鉛。食材の中ではダントツ多く亜鉛を含んでいます。

 

ですから、

牡蠣サプリにも亜鉛が「きちんと」「十分量」含まれているはずなのですが・・!!

 

いわゆる「牡蠣サプリ」と呼ばれる他の商品を見てください。きちんと亜鉛の配合量が書いてある商品は、そこまで多くないというのが実情です。

 

 

 なぜ亜鉛の配合量を明記しないサプリが多いのか・・?

 

・・・

 

 

・・・

 

 

それは、敢えてここでは言及しませんが「記載することができない(≒記載したくない理由)」があるわけです・・・

 

亜鉛配合量に自信があるのであれば、記載しない理由は無いはずですよね・・?

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

少し話題がズレてしまいました。話を戻します。

 

 

 

厚生労働省が定める「亜鉛の摂取推奨量」は、成人男性で10〜11mgです。
(出典:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

 

 

海乳EXは2粒で12mgの亜鉛を摂取することが可能です。

 

ちょっと多くない??

 

はい。

 

 

厚生労働省の推奨量よりも僅かに多く、少し疑問に感じるかもしれませんね?

 

 

ご安心ください。

 

 

亜鉛の耐容上限量は40-45mgと多く、推奨量の「4倍」摂取しても問題ありません。1〜2mgは誤差の範疇と言えるでしょう。

 

  • 亜鉛はアミノ酸(タンパク質)の代謝と密接に関係するミネラル
  • タンパク質の集合体である精液を合成する際、必須となる成分!
  • 男性の活力復活のため「キモ」となる成分!

 

海乳EXには亜鉛配合量が明記されており、推奨量を確実に摂取できます!

 

A 国産牡蠣の安全・安心品質

 

原料は「国産の牡蠣」にこだわるべきです。

 

牡蠣は、世界中広範囲にわたり生息し、沿岸地域で活発に生育します。

 

 

 

特に中国。最大の牡蠣生産国にして最大の牡蠣輸出国です。

 

 

沿岸部は、生活排水や工場排水などにさらされる可能性があり、品質が危惧されています。

 

中国に限らず、生産地の記載が無い「素性の分からない牡蠣を使用している商品」は避けることが大切です。

 

「国産」かつ「生産地まできちんと明記」されている、素性を確実に把握できる牡蠣素材に使っていることは絶対に外せない条件です。

 

海乳EXで使用されている素材は「広島瀬戸内産」の牡蠣なので、安心の品質です。

 

B 続けやすいリーズナブル価格

 

@とAは「品質」に関する項目でした。3番目の項目は「価格」です。

 

いくら高品質でも、価格が高い場合、お財布事情的にも継続注文していくことが大変ですよね?

 

 

でも、ご安心ください!

 

 

海乳EXは、牡蠣エキス商品の中でも比較的リーズナブルです。

 

 

 

 

高品質なのに、リーズナブル?
そんな都合の良い商品ある・・!?


 

 

 

・・・

 

・・・

 

 

高い品質を維持しながら、リーズナブルな価格に抑えられている・・

 

 

そのゆえんは・・・、

 

・・・

 

・・・

 

 

やはり、企業努力現地の漁師さん 販売会社が長年築き上げてきた「信頼」の結果でしょう。

 

  • 牡蠣の生産者と長い付き合いの中「絆」で結ばれ
  • 栄養たっぷりの牡蠣を「継続的」「大量」に仕入れることで
  • リーズナブルさを実現→15年のロングセラー&累計販売数230万袋

 

長く愛されロングセラーを続ける商品には、必ずこういった「努力」「継続」といった、ある意味「泥臭い事情」の上で成り立っていることを忘れてはなりません。

 

海乳EXの期待効果とおすすめの人

海乳EXをオススメしたい人は、以下のような人です。

 

  1. 活力を得たい男性に
  2. 毛髪が寂しくなったと感じる方
  3. ヤングな時代を取り戻したい方
  4. 「肝」の数値撲滅を目指す方

 

それぞれについて見ていきましょう。

@ 活力を得たい男性に

 

男性の活力(特にナイトライフ)に「亜鉛成分」が重要であることは既に述べた通りです。

 

しかし、牡蠣の底力はこれだけではありません。

 

豊富なアミノ酸やミネラル、体を動かすエネルギー源であるグリコーゲンが豊富に含まれています。

 

だから、

  • 昼もフル元気
  • 夜もMAX現役

 

いつまでも「元気なオトコ」であるために、牡蠣エキスを活用するのは賢い選択です。

 

A 毛髪が寂しくなったと感じる方

若いころはフサフサだったけど、今は寂しい感じになってしまった・・・。という方にも、海乳EXをおすすめしたいと思います。

 

髪の毛はアミノ酸(主にケラチン)の集合体です。

  • 牡蠣には、複数種類のアミノ酸が豊富
  • ケラチンを体内で合成する際に亜鉛が必須

 

「複数のアミノ酸成分」「亜鉛」共に海乳EXには豊富に含まれています。

 

「少し寂しくなってきたなあ・・・」という男性にも、積極的におすすめしたいです。

 

B ヤングな時代を取り戻したい方

ここでも亜鉛の登場!

 

亜鉛は抗酸化ミネラルの代表格です。

 

年齢と共に訪れる「カラダのサビ」これに対抗するのが抗酸化物質であり、亜鉛はその代表選手なのです。

 

海乳EXを活用することで「外見」「夜の力」ヤング時代を取り戻すサポートとなるでしょう。

 

C「肝」の数値撲滅を目指す方

 

健康診断で「肝の数値」にいろいろと問題アリ・・・。

 

そんな方にも牡蠣エキスをおすすめします。牡蠣にはタウリンが豊富に含まれています。

 

タウリンには傷ついた「肝」を修復する働きがあります。

 

成分としてのタウリンは「効果効能が認められている」ので、タウリン成分は日本では医薬品扱いです。

 

 

ちなみに、、

 

海外のレッドブルにはタウリンが配合されています(日本のレッドブルにはアルギニンで代用)

 

そんなタウリン。牡蠣には豊富に含まれており、「肝」の総合対策に一役買ってくれるでしょう。

 

逆に、おすすめできない人

毎日の食事から「亜鉛の摂取量が十分な人」にはお勧めしません。

 

具体的には、以下のような食材を「毎日」「たくさん」食べる食習慣の方にはおすすめしません。

  1. 海産物
  2. 乳製品
  3. レバー

 

仮にこれらの食材で亜鉛10mgを摂取する場合、必要摂取量は

牡蠣 75g(4個)
パルメザンチーズ 140g
豚レバー 145g

 

 

「毎日」「日常的」にこれくらい食べているのであれば、亜鉛不足の心配は考えにくく、海乳EXに頼る必要性はありません。

 

ちなみに、過剰摂取の目安もお伝えしておきます。耐容上限量は、成人男性で40〜45mgです。これは、

  • 牡蠣なら、16〜18個分
  • パルメザンチーズなら、560〜630g
  • 豚レバーなら、580〜650g

 

これだけ摂取すると、亜鉛の過剰摂取となる可能性があります。

 

実際に「毎日」これだけの量を食べる人はほとんどいないに等しいでしょうが・・・。

 

海乳EXに含まれる亜鉛量は、1日当たり12mgなので、過剰摂取のリスクは限りなく低いと判断できますね。

 

参考:可食部100g当たりに含まれる亜鉛成分量
参考:耐容上限量(日本人の食事摂取基準(2015  年版)の概要)

 

【比較】海乳EX vs ライバル牡蠣サプリ

本当に海乳EXを選ぶのが正解なのか・・・?ライバル牡蠣サプリとの比較をした結果を一覧表に示します。

 

海乳EX 牡蠣のチカラ 牡蠣皇帝 マカと亜鉛の恵み
商品
亜鉛配合量 12mg 16mg 記載無し

105mg
(亜鉛酵母として)

天然由来か 天然(瀬戸内産) 天然(瀬戸内産) 天然(瀬戸内産) ×
アマゾン評価 ★4.6(49件) ★4.7(14件) ★4.5(71件) ★4.6(58件)
価格(初回) 980円 780円 2,280円 1,280円
価格(2回目以降) 1,949円 2,980円 2,280円 1,280円

 

結果から言ってしまうと、既に述べたように、海乳EXを選んで正解だと判断できるでしょう。

 

「海乳EX vs ライバル商品」で個別に比較・考察をしていきます。

 

vs牡蠣のチカラ

 

「牡蠣のチカラ」は海乳EX最大のライバルと言っても過言ではないでしょう。

 

アマゾンのカスタマー評価数こそ少ないですが、総じて高評価です。

 

独自に「マカ」や「高麗人参」を配合しており、これらは海乳EXには配合されていない成分です。商品力はGoodなのですが、1点デメリットとして、2回目以降の価格がリーズナブルではないことが挙げられます。

 

長く続けるには、お財布には少し厳しいかと思います。

 

vs牡蠣皇帝

 

牡蠣皇帝はアマゾンでの販売実績も十分あり、価格帯もまずまずリーズナブルです。

 

しかし、1点弱点が・・・。亜鉛の配合量が記載されていないこと。うーん、やはり亜鉛成分の配合量がブラックボックスな商品は、積極的におすすめはできないです・・

 

vsマカと亜鉛の恵み

 

こちらもアマゾンでの実績十分。独自に「マカ」が配合された商品です。

 

価格帯もリーズナブルで、なかなか良さそう・・・!なのですが、実は「牡蠣エキス」は配合されていません。牡蠣の写真がパッケージに写っており、紛らわしい限り!

 

亜鉛は「酵母」に亜鉛を添加した「酵母亜鉛」という形で配合されています。天然由来の亜鉛では無いので、私の基準には合致しない商品でした。

 

やはり海乳EX

亜鉛配合量が明記されており、国産の牡蠣を濃縮配合している。アマゾンでの評価・販売実績も十分!そして、続けやすい価格設定であること。

 

ライバル商品と比較した結果、成分面・価格面から、客観的にも海乳EXを選ぶ合理性を確認できました。

↓↓↓

 

亜鉛サプリなら「DHCの亜鉛」が安価だが・・!

 

健康サプリ業界で最も有名といっても過言ではないのが「DHC」です。

 

亜鉛サプリも例に漏れず、DHCから発売されています。価格も安価で、信頼の大手メーカー。購入したくなる気持ちはわかりますが・・・、

 

 

しかし

一旦立ち止まってください。

 

なぜか・・・?

 

 

それは、配合されている亜鉛が「グルコン酸亜鉛」だからです。

 

 

 

グ、グルコン酸亜鉛??


 

 

はい。説明します。

 

健康食品に添加されている亜鉛は、大きく分けて以下の3種類存在します。

  1. 食材由来の亜鉛
  2. 亜鉛酵母
  3. グルコン酸亜鉛

↓↓↓

食材由来の亜鉛

最も信頼できるのは、言うまでもなく「食材由来の亜鉛」です。

 

 

亜鉛酵母

亜鉛酵母は酵母に亜鉛を取りこませ製造されます。添加物が残留しない比較的安全な亜鉛とされていますが、食材由来のものには及ばない。というのが私の見解。

 

また、実際の亜鉛配合量がわからないのもネックです。(例えば、亜鉛酵母100mg配合とあっても、その内の成分としての「亜鉛」の含有量は不明なのです)

 

 

グルコン酸亜鉛

注意すべきは「グルコン酸亜鉛」です。科学的な合成亜鉛であり、食材由来の亜鉛や亜鉛酵母と比較し、吸収率が悪いという研究結果が発表されています。

 

(出典:合成亜鉛との吸収性比較

 

やはり、天然食材由来の亜鉛が配合されたサプリを選ぶのが正しい選択でしょう。

 

★始めるなら早い方が「損しない」理由

海乳EXを購入しようかな?と思っている方へ。

 

なるべく早い内に、定期コースを申し込むことをおすすめします。

 

なぜなら、値上げのリスクがゼロではないから。

 

というのも、
牡蠣は繊細な生き物で、敏感、漁獲高が不安定なのです。

  • 水質の変化
  • 環境変化

 

これらの要因により、供給が不安定になることもしばしば発生しています。

 

牡蠣の稚貝の定着率「採苗率」は近年安定しない傾向にあります。

 

 

(出典:全国一のカキ養殖に異変、広島の海に何が

 

 

供給量が上下動しやすく不安定・・。だから、早めに定期コースを契約し、現行料金で継続できるようにするのが得策だと考えています。

 

 

もちろん、「定期コースなら値上げリスクは無い」とは言い切れませんが、メーカーとしても、既存のお客さんは大事にしたいという戦略的配慮があります。

 

 

早い内に定期コースを申し込んでおくことで、値上げに対する「ある種のリスク回避」にはなり得るかと考えています。

↓↓↓

 

page top